投資ブロガー・レン、積立投資と子育てライフ

理想に近付くためには、山あり谷あり。まずは笑おう、それから考えようがモットー。

「そこそこ」の人生からの脱出

仕事はある。やる気も…まぁある。

いつまでも綺麗にしていたいし、美容に投資する気力もある。最近は健康にも気を使ってる。

「そこそこ」には全てこなしてる。

 

でもなぜか何もかもうまくいかない。

 

この無力感、 誰しも1回は感じたことがあるんじゃないかと勝手に推測をしている。

わたしもその1人。

決して平穏ではないあたしの人生。それでもって、満足度で言えば60〜70%程度。これも「そこそこ」っちゃーそれまでのお話。

 

だけどさ、人生って一度しかないし。

わたしとして楽しめるのって、この一度きり。

だったら後悔を減らして減らしていきたいし生きたい。

 

好きなこと「だけ」して生きていくのは難易度高くてアレだけど、好きなこと「も」して生きていくのは可能とあたしは思う。

 

好きなことを手当たり次第、お金と時間と心に余裕がある限り続けて、「そこそこ」の人生から脱出を。

 

こんなこと考えてるの、わりと首都圏で仕事に忙殺されてる社畜と呼ばれる人たちには割りと多いんじゃないと思ってる。

頭じゃわかってるんだけど、動かないんだよね、身体と心が。

そりゃあ毎日満員電車に揺られて仕事して、残業してヘトヘトになって帰ったあとなんて、気力で化粧落としてコンビニ弁当食べながらビール一本飲んで寝るわ。

 

わたしもそんな感じだった。今もっとあれだけど。

 

 

だからこそ。

 

わたしは「そこそこ」から逃げ出す。

そんな気持ちで今朝も電車に揺られてるんだから、わたしも大概だよね。